抜け毛対策のため実際に購入して使用した育毛剤・育毛シャンプーの評価・感想レビュー・ランキングを紹介!

短くて先の尖った抜け毛は要注意だって

公開日:更新日: コメントなし

抜けてくる毛で短くて先の尖った毛は薄毛が進行して行く証拠なのだそうです。

短くて先がとがった髪の毛は、成長過程の未熟な毛髪だからです。これから成長していく髪の毛が抜けてしまうということは現在抜けている長い髪の毛の代わりがなくなってしまうということ。短くて先の尖った髪の毛が抜けているということは薄毛にまっしぐら、いやハゲへまっしぐらということになります。

僕の場合、短い髪の毛もかなり抜けてきています。先が尖っているか確認したんですが、いまいちよくわかりませんでした。ただ、髪の毛全体的に長いのでを3センチ位の抜け毛は間違えなく成長過程の未来のある抜け毛たちだと思います。ということは、やはり季節の変わり目の抜け毛ではなく薄毛の始まりの抜け毛が確定だと思います。

前回書いた「抜け毛の状態がヤバイことになっている」の記事で、「細い髪の抜け毛」「抜けた髪の毛根がちっさい」「短い髪が抜ける」でほぼ薄毛の始まりを自覚しているのに、何か認めたくない気持ちがあり、現在の自分の状況(抜け毛が多い)が一時的なものでないかと、どこかで否定してくれるような情報を今でも探してしまいます。早く現実にめを向けてしっかりと対策をしていかなければと改めて思いました。

通常髪の毛の寿命は2年~6年程度と言われています。そして髪の毛の成長は1日に0.3mm〜0.4mm、つまり1ヶ月では1cm前後成長する訳ですが、2~3cmで抜けてしまっているということは、生えてきてから2~3ヵ月で抜けてしまっているということなります。いくらなんでも早すぎます。もっと毛根に粘り強く頑張ってもらわないといけません。

さて、これから本格的に対策するにあたり何が原因で抜け毛が増えてきたかを知る必要があります。頭皮の状態が悪いのか、髪の毛に栄養が行っていないのか、はたまた病気なのか、様々な原因があると思いますが、原因を完全に特定してからさて対策開始なんてのんきに構えていれば、すでに薄毛はかなり進行していたなんてことにもなりかねないので、まずはシャンプーを変え、育毛剤を使い始めてみたいと思います。

モンドセレクション金賞受賞 チャップアップ